【2022年最新】WordPress保守サービスの費用相場を知る!

tips

WordPressの保守(メンテナンス)を自社で行っていますか? 保守の外注化を検討されているでしょうか。そこで最初に気になるのが費用だと思います。保守費用は月々かかってくるので、固定費として出費していきますから、できる限り少ないのが理想です。また初期費用に関してもあまり多くかかりすぎるのは困ります。それでもサービスはトレードオフなので、安すぎて適当な対応をされても本末転倒です。

多くの企業にとってWordPressで構築されたWebサイトは単なるマーケティングの道具以上の価値があります。お問い合わせを取り、認知を拡大し、顧客情報を管理するなど重要な役割を担っていることも。

WordPressは、更新こそボタン一つで簡単に行えますが、使いやすさを一番に置いているため反対に内部の構造が奥深く、Webサイトをベストの状態に保って運用保守を続けるためにはノウハウが必要です。

WordPressのハッキング被害は実はとても多く、サイトが読まれ、有名になればなるほど狙われやすくなります。一方で、「うちは無名企業だから大丈夫」と思っていても、重大なハッキングの踏み台にされることも。セキュリティを考慮せず運用し続けることは実はリスクが大きいのです。

今回はWordPressサイトの保守を外部に依頼した際の費用相場を見ていきます。

WordPress保守サービスの費用相場は?

 

WordPressの保守作業には、大きく分けて”守りの保守”と”攻めの保守”があります。

守りの保守・・・Webサイトが安定的に稼働し続けるために行われる作業。月4,000~30,000円。相場月額8,000円。

攻めの保守・・・Webサイトをより良い方向へ改善し続けるための作業。コンサルも含んで価格幅は15,000~250,000円。平均すると月額30,000円程度。

月額制の保守会社が多いです。費用相場は、守りと攻めを合わせて、月5万円前後~月20万が相場と言えます。

WordPress保守サービスのおすすめ会社を費用で見る

★オススメ★ WPセンター

初期費用0円、月額30,000円。

WordPressの保守サービスを提供しているサービスの中でも最もおすすめなのが、WPセンターです。

WPセンターではWordPressの脆弱性・ハッキング対策・バージョンアップ・バックアップ等の保守運用対策を、「WPセンターの安心サポート」としてパッケージ提供しています。

アップデートの不具合解消も含まれた料金なのでかなり魅力的です。アップデートの不具合解消とは、WordPressはボタン一つで最新版に更新できるものの、更新時にエラーを起こしてサイトが動かなくなることがたまにあるのですが、そのアップデート不具合をきちんと直しちゃんとサイトが正式に稼働するまで責任を持ってくれます。

アップデートに失敗するとサイトは止まるし前のバージョンに戻すために一苦労だしで、なかなか復旧が大変です。WordPressは一見すると簡単そうに見え、実際に操作だけなら簡単なのですが、ボタン一つでアップデートできる一方、内部は非常に複雑にからみあっており、ひとつの不具合ですぐに全体が動かなくなるのです。

WPセンターは、そんな複雑なWordPressの内容をしっかり理解したメンバーが対応するため、バージョンアップの責任も持ってくれます。これは地道にすごいことです。

さらに、WPセンターの安心サポートは初月無料なのでコスパも良好。また、レスポンス(応答)も早く、「頼んでいるのに全然更新されない・・・」といったそもそもの契約違反に近いルーズさもありません。

暴露してしまうとWordPressの保守サービスは本当に品質がバラバラで、何も不具合が発生しなくともお金が発生するので、保守会社からみたら安定収入です。それにあぐらをかいて多数の保守を受任し、内実は何もしてないという会社もあることはあります。そんな会社に捕まっては大変です。

しかしWPセンターはしっかりWordPressおよびお客様のWebサイトと向き合い、真摯に保守作業に取り組むため、支払った値段以上の価値を感じられるのは間違いありません。

何より、信頼できる会社に任せることで時間ができ、お客様はより本来の付加価値がある作業に集中できるようになるのです。

 

初期費用 無料
月額費用 30,000円

シングスマネジメント

 

初期費用0円、月額費用6,800円とかなりお安くなっています。

しかも対応するWordPressの数が最大2つまでとなっているため、2サイトをお願いすれば1つ月額3,400円で保守してもらえます。

バックアップ、障害復旧は料金内で対応してくれます。

セキュリティ対策として初期設定時にセキュリティ対策用プラグインの導入を行い、運用中は24時間ツールで監視し、他にもWordPressに関する質問や、サーバーの乗り換えといった相談にも対応してくれます。

ただし、更新作業は別料金です。よって、レンタルサーバーを使っていて複数のWordPressの保守管理をなるべく安価で・・・という方には、利用しやすい価格帯なのではないでしょうか。

 

初期費用 無料
月額費用 6,800円

 

WordPress.make

WordPress.makeのWordPress保守サービスは初期費用0円、月額費用は40,000円と他社と比べてやや高額です。しかしその分メールと電話でサポートが受けられます。初期費用0円なので、まずは気軽に相談することも可能です。

”.make”という接尾語を不思議に思われるかもしれませんが、これは昔「make」というファイルでサービスを構築していた時代のなごりが残っているのかもしれません。

さて、作業そのものは定期バックアップに加え、万が一の復元も料金内で対応してくれます。またテスト環境の構築もサービス内に入っています。そのほか要望に応じてサイト構築、ドメインやサーバーの保守作業も請け負っています。

ただしWordPressのアップデートはコアとプラグインのみなので気を付けてください。公式ディレクトリのテーマや、購入したテーマでアップデートがあった際の更新作業は対応外となっているため注意してください。そう考えると、まるごと入って月3万円~のWPセンターは魅力的です。

 

初期費用 無料
月額費用 40,000円

 

ヒラリアスメディアカンパニー

 

初期費用30,000円、月額費用20,000円。

アップデートはテーマまで対応しているのですが、コアに関してはマイナーアップデートのみとなっています。メジャーアップデートは「リスクを避けるため、ご相談の上、ある程度安定したバージョンでアップグレードを行います」との注意書きがされています。つまり、大きめのアップデートは相談の上行うということです。

またバックアップの対象はデータベースとメディア(投稿画像)のみで、その他データは含まれていないので注意が必要です。

 

初期費用 30,000円
月額費用 20,000円

 

WP保守工房

 

初期費用25,000円、月額費用50,000円。

テスト環境の構築や24時間監視といったサービスも提供されています。なおバックアップが必要な場合は月額80,000円の上位プランにて対応可能です。

またコンテンツの追加・WordPressサイトの引越し・独自プラグイン開発というWordPressにまつわる作業や改修に対応する「インシデント」というサービスも付いています。インシデントとは偶発的なトラブルという意味で使われることが多い単語ですが、WP保守工房のサービス名です。

インシデントは日々WordPressサイトを運用していく中で起こる様々な問題の多くを解決してくれるサービスです。通常4回までで、追加は15,000円/回で可能です。

 

初期費用 25,000円
月額費用 50,000円

 

インターフェイスデザインスタジオ株式会社

初期費用0円、月額費用21,600円。

テーマ以外のアップデートに対応しており、定期バックアップや復元対応、テスト環境の構築、死活監視などの内容がサービスに含まれています。死活監視とは、サービスが活きているか外部からリモートツールで監視することです。

ちなみにバックアップ先はユーザーが契約しているサーバ内に保存するので万が一サーバごとデータが紛失した場合は復元ができません。注意してください。

また、死活監視はプラグインによる設定のため、プラグインが利用できない・動作しないという場合はサービス対象外となってしまいますので、こちらも注意が必要です。

 

初期費用 無料
月額費用 21,600円

 

WordPressの保守はプロフェッショナルに

WordPressは世界中で使っている方が多いため情報量が多く、保守作業を個人で対応できないわけではありません。しかしやっぱり餅は餅屋、WordPressはWordPress屋です。

当記事では費用についてまとめましたが、費用だけでWordPressの保守会社を決めないでいただきたいと思っています。安さだけで選ぶなら、個人のフリーランスエンジニアに任せるという手もあるからです。ただ、責任問題、信用問題、日々の応答や誠実さ、人的リソースの関係、そして肝心の技術力という観点から見ると、法人で、責任感があり、実績も備えており、レスポンスも早くて安心感があるプロフェッショナル在籍企業に任せるのが一番ではないでしょうか。

WordPressの保守を外部に任せると、安心できて万が一の際のノウハウとスピードにも信頼が置けます。それだけではなく時間が空くのでその分をより付加価値を生み出す部分に投入できます。つまりより生産性の高い働き方が可能になるのです。

ただ外部に外注するだけでなく、その高い効果を見極めてください。そして、安心して依頼できる会社を選ぶと指示出し等で余計な時間を取られず本業に集中できるのです。そのためWordPressの保守会社を選ぶなら費用・値段だけでなく、中身と費用感のバランスが取れたWPセンターが一番です。ぜひ、お問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました